丸屋九兵衛トークライブ【Soul Food Assassins vol.12】大坂なおみ培養計画はそのままゲット・アウト!/続・八村塁も鈴木武蔵も「外人やーん」in ディストピア・ジャパン

Description

日本人で初めてNBAドラフト一巡目指名を受けた八村塁の容姿を見たDJ LEADが、「外人やーん」とツイートしたのは6月後半。


それから3ヶ月が過ぎ、 ようやく衝撃も薄れた頃に投下されたネタが、

Aマッソの「 大坂なおみに漂白剤」

これはもう、どないしてええのやら……

というわけで、あいも変わらず世界のゼノフォビア(異民族排斥傾向)について考える今日この頃。
残念ながら、その勢力は力を増しているようだ……ここ日本では特に。

  

この人たちは、
第二次世界大戦当時、「お前なんかアメリカ人じゃない」と言われたアメリカ生まれ(=アメリカ国籍)の日系アメリカ人の気持ちは考えたことがないのだろうか?

同様に、
アメリカで生まれ育ったアジア系アメリカ人が「君ってアメリカンに見えないね」と言われることに、心を痛めたりはしないのだろうか。

あるいは、数年前にミス・ユニバース日本代表となるも「日本人ではない」と非難された宮本エリアナのことは?

というわけで、

前回(Soul Food Assassins vol.11)に引き続いて、「移民と二世たちの世界と、これからの社会」を見つめるトークライブだ!

....................................................
ちなみに、わたしにこの話題で語ることを決断させた、件の「外人やーん」ツイート

には続きがある。

曰く、


……このままだと、映画『ゲット・アウト』が描いていたように「黒人=スポーツ万能の獣」と見なす“リスペクト系レイシズム”が横行するディストピアが待っていそうな予感。

いわゆる

大坂なおみ培養計画だ。

「異人種の血が混ざるメリットの証明」と言われたり、「必要なのは漂白剤」と言われたり。
あの人も忙しいで。

....................................................
先のDJ LEADは「偏見とか差別なんか考えたことない」と主張するが、実のところ、人は生まれながらにレイシストだ。と言うことは、内なる偏見や差別に自ら向き合っておかないと、誰しもナチュラルボーン・レイシストのままなのである。

人種間の緊張と差別・被差別の歴史。そして、今なお払拭できない異民族・他人種への複雑な感情。
それらは、多様性の時代を生き、より良い未来を築くためにこそ、深く学んでおくべきもの。
気づかぬうちに加害者にならないためにも。
つまり「仲間よ目を覚ませ!」ってことだ。

そんな話を、10/22(火・祝)に。

....................................................

※この【Soul Food Assassins】の後に、別の丸屋九兵衛トークライブ【Q-B-CONTINUED】もあります。
通して参加できる「ダブルチケット」だと、単体チケットの合計よりお得です。
※【Soul Food Assassins】開演の30分前から入場可。
※指定席券ではありません。見やすい位置は当日、早い者勝ちです。
※今回の会場は神田美土代町の「レタス」です。
※主催者側の都合による中止の場合を除き、購入済チケットのキャンセルは対応不可能。ご了承ください。
※可能な限り、本ページを介しての予約&お支払いをお願いします。「それはどうしてもイヤだ!」というお客様のみ、当日、会場の受付で現金精算を(推奨はしませんが)。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#477239 2019-09-27 15:00:17
More updates
Tue Oct 22, 2019
2:00 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
シングルチケット【Soul Food Assassins vol.12】 ¥1,500
ダブルチケット【Soul Food Assassins vol.12】+【Q-B-CONTINUED vol.30】 ¥3,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Oct 21, 2019.

Venue Address
千代田区神田美土代町11−2 第一東英ビルB1 Japan
Organizer
丸屋九兵衛 QB Maruya
107 Followers